muiibr_logo.png

branc.png

english

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


Loading

barbar.pngmii.pngbarbar.pngプロジェクトbarbar.pnginsititte2.pngbarbar.pngニュースbarbar.png研究論文・業績barbar.pngコラムbarbar.pngメディア掲載barbar.pngmenu_fw3.pngbarbar.png

HOME > ニュース > 「遠赤色蛍光蛋白 monomeric Plumを発現するトランスジェニックブタの作出」で優秀 発表賞(ポスター部門)を受賞

ニュース

発生工学研究室の小林美里奈(4年)が、「遠赤色蛍光蛋白 monomeric Plumを発現するトランスジェニックブタの作出」で優秀発表賞(ポスター部門)を受賞しました。

第105回日本繁殖生物学会大会 優秀発表賞(ポスター)

発生工学研究室では既に世界初の赤色蛍光蛋白(クサビラ・オレンジ)発現ブタを作出していますが、今回はより波長の長いmPlumを発現するブタを開発した点が評価されました。今後は幹細胞移植などの再生医学研究への応用が期待されます。

P9070208.JPG

第105回 日本繁殖生物学会ポスター圧縮 小林.pdf