muiibr_logo.png

branc.png

english

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


Loading

barbar.pngmii.pngbarbar.pngプロジェクトbarbar.pnginsititte2.pngbarbar.pngニュースbarbar.png研究論文・業績barbar.pngコラムbarbar.pngメディア掲載barbar.pngmenu_fw3.pngbarbar.png

HOME > メディア掲載

メディア掲載

応用発生工学先端研究所

2014/05/23
日経産業新聞 にてマルファン症候群のモデルブタの作製に関する研究成果が掲載されました。
2014/05/21
日刊工業新聞 にてマルファン症候群モデルブタの作製に関する研究成果が掲載されました。

応用発生工学先端研究所

2014/01/03
BBC News にてブタを用いた移植用ヒト臓器作成に関する研究が取り上げられました。

応用発生工学先端研究所

2013/10/10
マイナビニュースにて免疫不全ブタの作製に成功した研究成果が紹介されました。
日経バイオテクONLINEにて免疫不全ブタの作製に成功した研究成果が紹介されました。
ウォール・ストリート・ジャーナルにて免疫不全ブタの作製に成功した研究成果が紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
電気新聞「ブタ同士で膵臓再生 糖尿病治療目指す」
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功した論文が掲載されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功した論文が掲載されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
東京新聞「ブタ体内で膵臓を再生 移植用臓器 作製前進」
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2013/02/19
明治大学応用発生工学先端研究所と東京大学医科学研究所 中内教授のチームがブタの体内で膵臓再生に成功したことが紹介されました。

東京慈恵会医科大学 DNA医学研究所

2012/05/09
ラットの体内にマウスの胎児の腎臓を移植し、その後、薬でマウス由来の細胞を消して腎臓を作ることに成功したことが紹介されました。

MUIIBR

2012/01/14
ブタ胎仔を使った腎臓再生の研究と「腎臓供給センター」の構想が紹介されました。

MUIIBR

2011/6/4,9,16
「臓器作成の夢に挑む」というテーマ内で臓器再生に関する研究が紹介されました。

MUIIBR

2011/6/2
ブタでの胚盤胞補完法による膵臓形成の研究成果が紹介されました。

MUIIBR

2011/2/27
ブタ体内にて膵臓を再生させる研究が紹介されました。

MUIIBR

MUIIBR

2010/12/18
ブタ体内でのヒト膵臓再生の研究が紹介されました。

膵臓欠損のブタ胎児にヒトiPS細胞から作成した膵臓幹細胞を移植し、ブタ体内でヒトの細胞でできた膵臓を作出する研究を行い、膵臓の成長具合や臓器内の細胞組成について調べる。

MUIIBR

2010/03/28

番組内にてMICBRにて作出された赤色蛍光ブタ(クサビラオレンジ遺伝子導入ブタ)が紹介されました。

応用発生工学先端研究所・東京都農林総合研究センター

2010/01/27
日経産業新聞
明治大学応用発生工学先端研究所にて高級ブランド豚「トウキョウX」の凍結受精卵から子ブタを誕生させた研究成果が紹介されました。

人工透析などで使用する中空糸の内部に受精卵を数珠つなぎに並べて入れ液体窒素でガラス化凍結した。中空糸表面には細かな穴が開いていて外側から液体窒素を一気に流入させやすい。この方法で1ヶ月間凍結保存してからメスの腹に移植し、1月7日に9頭が生まれ、8頭が元気に育っている。この凍結技術によって優れた肉質を得ることのできる品種のブタを長期維持することが可能に。

応用発生工学先端研究所・東京都農林総合研究センター

2010/01/26
明治大学バイオリソース研究国際クラスターはこのほど、(財)東京都農林水産振興財団・東京都農林総合研究センターとの共同研究により、人気のブランド豚「トウキョウX」(トウキョウエックス)の凍結受精卵による子豚の出産に初めて成功しました

豚の受精卵の凍結保存は困難を要する技術ですが、研究の成功により今後、「トウキョウX」の優良遺伝子の半永久的な保存が可能となります。

応用発生工学先端研究所

2009/12/21
日本経済新聞
明治大学応用発生工学先端研究所にて第6世代クローンブタの作出に世界で初めて成功したことが紹介されました。

クローンブタの作製で培った遺伝子制御の手法は、iPS細胞の研究開発に役立つと考えられる。

自治医科大学 小林英司

2009/11/25
日本経済新聞 12面
自治医科大学 小林英司が開発した発光遺伝子を用いたiPS細胞の腫瘍化を予測する技術が紹介されました。

間葉系幹細胞とES細胞の遺伝子発現パターンを比較し、間葉系幹細胞のパターンで細胞が発光すれば、腫瘍化しないiPS細胞になるということが予測できる。

自治医科大学 CDAMtec 小林 英司

2009/11/24
京都新聞
ブタ体内でヒト移植用臓器を作る自治医科大学 小林英司の研究が紹介されました。

iPS細胞から臓器を作る実用化は何十年も先の話だが、ブタ胎児にヒトの臓器細胞を注入し、数ヶ月で移植可能な臓器に成長させる技術は、移植医療に大きな希望をもたらす。

自治医科大学 CDAMtec、東京慈恵会医科大学 横尾 隆

2009/11/22
Yahoo!ニュース
ネコの「間葉系幹細胞」をブタ胎仔から取り出した腎臓原基に注入してネコの腎臓組織を再生した成果が紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2009/11/15
日本経済新聞
応用発生工学先端研究所(長嶋 比呂志)の研究(糖尿病ブタ)が紹介されました。

自治医科大学 CDAMtec 小林 英司、応用発生工学先端研究所 長嶋 比呂志

2009/10/30
朝日新聞 19面
自治医科大学に完成したピッグセンターと疾患モデルブタを利用した研究が紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2009/09/07
日本経済新聞
応用発生工学先端研究所(長嶋 比呂志)の研究成果である「糖尿病モデルブタ」が紹介されました。

自治医科大学 CDAMtec

2009/08
日経サイエンス
自治医科大学CDAMtec(小林 英司)の研究が紹介されました。

応用発生工学先端研究所

2009/08/05
日本経済新聞
応用発生工学先端研究所(長嶋 比呂志)の研究成果である「凍結保存卵巣の移植による老齢マウスの妊娠・出産」が紹介されました。
2009/08/06
毎日新聞
応用発生工学先端研究所(長嶋 比呂志)の研究成果である「凍結保存卵巣の移植による老齢マウスの妊娠・出産」が紹介されました。
2009/08/05
NIKKEI NET
応用発生工学先端研究所(長嶋 比呂志)の研究成果である「凍結保存卵巣の移植による老齢マウスの妊娠・出産」が紹介されました
2009/08/06
Yahoo!ニュース
応用発生工学先端研究所(長嶋 比呂志)の研究成果である「凍結保存卵巣の移植による老齢マウスの妊娠・出産」が紹介されました。