muiibr_logo.png

branc.png

english

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


Loading

barbar.pngmii.pngbarbar.pngプロジェクトbarbar.pnginsititte2.pngbarbar.pngニュースbarbar.png研究論文・業績barbar.pngコラムbarbar.pngメディア掲載barbar.pngmenu_fw3.pngbarbar.png

HOME > MUIIBRについて

sign_fw.png

MICBRMUIIBR(Meiji University International Institute for Bio-Resource Reserch)は、整形外科・臓器移植(異種移植)・臓器再生・生殖医療などの各分野の基礎研究で培われてきた知見や技術を臨床応用へと橋渡しする、トランスレーショナルリサーチの推進に貢献する生物資源の創出・維持・活用を行う研究クラスターです。MUIIBRでは、研究のプラットフォームとして、生理学的・解剖学的にヒトに近いブタを用いることで、独創的で実用的価値の高い研究成果の獲得を目指してまいります。

研究の背景・ニーズ・課題

■生理・解剖学的にヒトとの類似性が高い動物を用いた前臨床的研究に対する医学界のニーズ

  • 高度な基礎研究の成果を臨床に「橋渡し」するためには、ネズミ類等の従来の実験動物ではなく、大型動物であり、かつ生理・解剖学的にヒトとの類似性が高いブタを用いて、前臨床的な研究を行うことが重要であるという、医学界のコンセンサスがベースに存在する。

■臓器ドナー不足問題

  • 臓器移植医療における臓器提供不足が深刻化し、一方で「渡航移植」(海外に渡って移植を受けること)がWHO指針によって制限されるという状況下で、臓器再生や異種動物臓器・組織の利用が課題。遺伝子操作等を施したブタ臓器・組織の移植や、ブタの体内環境を利用したヒト臓器の再生研究への期待が高まっている。

■糖尿病患者数の増加

  • 生活習慣病の代表格である糖尿病は、糖尿病性腎症へとつながり、人工透析を必要とする患者数を増加させる。現在、人工透析患者数は27万人であり、毎年1万人ペースで増加しており、健康保険負担は1兆円に上る。このことからも、糖尿病の根本的治療法の確立が急務である。→臓器移植・臓器再生

■変形性関節症の患者数と患者ADLとQOL

  • 現在、65歳以上の人口は2,560万人であるが、その多く(患者数700-1,000万人)が変形性関節症に苦しんでいる。この症状は患者の日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)を大きく低下させており、それらを高い水準に回復させる治療法が求められている。→再生・医用工学

■ネコの死因の3割が腎不全

  • 国内のイヌ・ネコ(伴侶動物)の個体数は2,400万頭以上とされているが、ネコの死因の3割が腎不全である。ネコは伴侶動物としての需要も大きく、これらのネコに対して再生医学的な治療を適用することは、ヒトへの応用の試金石となる。

■体外受精による新生児数と安全性

  • 国内で年間2万人の新生児が体外受精によって生まれている。補助生殖技術の効果や安全性の評価を行うことが長期的な課題。

MUIIBRの有する研究・技術力

■日本唯一のα1,3-ガラクトシルトランスフェラーゼ遺伝子ノックアウトブタの作出 → 臓器移植拒絶反応克服へ
■世界初のクサビラオレンジ遺伝子導入ブタの作出 → 細胞・組織移植検証へ
■世界初の変異型ヒトHNF1α遺伝子導入ブタの作出 → 糖尿病治療研究モデルに
■世界初の第6世代クローンブタ作出 → 世界有数のクローニング技術
■世界有数の細胞・胚・組織凍結技術 → 生殖医療技術開発、ブランドブタ トウキョウXの受精卵凍結保存へ

  • 赤色蛍光ブタ、糖尿病モデルブタ、臓器移植用遺伝子改変ブタ、さらに開発中の膵臓欠損ブタなどは、いずれも世界に類を見ない独創的な研究成果です。これらの高付加価値ブタは、世界の研究者と共有すべき研究資源ですが、我々はそれを、クローニング技術を駆使して複製生産し得ることや、生殖細胞の凍結によって半永久保存し得ることなど、非常に独創的な技術体系を有しています。

syngenic6.png

MUIIBRの目指すゴール

■遺伝子改変クローンブタからの組織・臓器移植(異種移植)によるドナー不足解消
■遺伝子改変ブタの体内環境を利用した臓器再生
■病態モデルブタによる糖尿病治療法の開発
■変形性関節症の治療のための再生医療技術の開発・評価
■ブタを臓器ドナーとする腎不全ネコの再生治療

  • ネコの腎症を再生医療で救うためのプロジェクト 

■体外受精などの生殖医療技術の安全性検証・技術改良

研究期間

  • 2009年度~2013年度

学内中核組織

明治大学 発生工学研究室
明治大学 生殖内分泌研究所
明治大学 先端医療材料創製研究所

学外重点共同研究者

慶応義塾大学 医学部臓器再生医学講座 小林英司
大阪大学 大学院 宮川周士
東京慈恵会医科大学 医学部 横尾 隆
東海大学 医学部 佐藤正人

連携研究機関

北里大学 獣医学部 岩井聡美
慶応義塾大学 医学部 松本守雄・石井 賢
東北大学 国際高等研究教育機構 国際高等融合領域研究所 後藤昌史
LMU Munich(ドイツ)
雲南農業大学(中国)
蘇州大学(中国)
National Swine Resource and Research Center(アメリカ)
スタンフォード大学(アメリカ)
ソウル大学(韓国)
東京都農林総合研究センター
昭和医科工業
東京大学医科学研究所
熊本大学発生医学研究所
国立成育医療研究センター

Keyword

再生医療
臓器移植
生殖医療
クローン
遺伝子工学
不妊治療
糖尿病
糖尿病性腎症
変形性関節症
iPS細胞
体外授精
腎臓移植